楽しい子育て真っ最中!ママのゆったり知育論&子育て日記

「幼児教育」なんていらないけど
「広い意味での頭の良さ」「人間力」はつけてあげたい。 そんな我が家の
すぐマネできる ”のんびり知育論 = 子育て日記”デス。(*^ー^)ノ

 【我が家の基本路線】 *シアーズ博士夫妻のベビーブック & *「語りかけ」育児

2009年08月25日

食器棚は「危ない」か?

続いて、食器に関して。

食器。
子どもにとってはとても身近なものです。

大人にとっても、身近なものですね。

家族で毎日使うモノ、それが食器です。
息子は食器に対して、とても愛着があるようです。

「お弁当作り」遊びもそうですね。
大人の真似をしたい。


ウチは、夫婦ともに貧乏一人ぐらしを経て結婚した名残で
いまだに、まともな・・・というか
普通の、いわゆる「食器棚」がありません。

ウチの食器棚はこんなのです。
 

→続きを読む
posted by ハッピー子育て♪ママ at 06:40 | Comment(0) | 我が家の育児法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月19日

転べ!〜何でもさせる我が家の育児

最近「ただの日記」ばっかりですが
ひさびさに育児方針の話。

息子には何でもやらせます。

と良く書いてますがその中身を一部紹介。
いろいろあるので、他の事もまた書きますね^^


今日の「なんでもやらせる」は・・・・・・

転んで学べ!


2歳にもなると、男の子はやんちゃ盛り。

イスには立つは
歩道の「ふち」の高いところとかは登りたがるわ
走れるようになって、余裕こいて足元を見なくなったために段差を落っこちたりします^^;

もちろん、都度
「危ないからちゃんと座ろうね」
「下を見てゆっくり歩こうね

というような事は言いますが

・・・たまにあまりよろしくないとされる逆の言い方もしてしまいますが
(「立ってがたがたしたらおっこっちゃうよ」
 「足もとみないと落っこちるよ」など)

↑これは言えば言うほど「このとおり」になるそうな。
(立って、がたがたして落ちろ、と言っているようなものらしい)


なので、かなり前にも書いたけど
こどもには
「してほしいことのみ」を言うのが良いそうな。

・・・・なかなか難しいけどね!


脱線。

で、こーんなことをしようとします。
 

25m13.jpg

田んぼの用水路を流れる水を触りたい!
という欲求にかられた彼はのめるのめる。

こういう時、どうするか?

→続きを読む
posted by ハッピー子育て♪ママ at 06:38 | Comment(4) | 我が家の育児法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月13日

初ペット メダカがやってきた

我が家に初めて
「飼う」生き物がやってきました。

メダカさんです。


ウチのアパートは「ペット禁止」ですが
メダカくらいなら、戸外だし、部屋を汚すわけじゃなし
鳴き声がするわけじゃなし、問題なかろうという判断です。

もともと、引っ越してきたときに庭の隅にスイレン鉢が転がってたし。
 ↑
使え!
というサインとみた(笑)

0908b1.jpg

スイレン鉢に、スイレンと水草と水辺の植物を植えこんで
そこにメダカを放流。

メダカとメダカのえさまで一緒に買えたので超便利でした♪
こんな風にセットで売っていたのです〜♪



実は・・・
 
→続きを読む
posted by ハッピー子育て♪ママ at 06:54 | Comment(0) | 我が家の育児法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月13日

絵本の対象年齢と選び方について

絵本には「対象年齢」って書いてありますが
私はこれはあんまり見てません^^;

年齢というよりは、絵本への「その子のなじみ方」

「その子と絵本の関係」が深まったらどんどん先へ行く、
という感じでいいんじゃないかと思います。

まあもちろん、
あんまり赤ちゃん用の絵本は、3歳以上の子とかには向かないでしょうし、
赤ちゃんに文字がいっぱいありすぎるものも向かないとは思いますが・・・



息子の例で言うと、彼のヒットは

0〜3か月 は新生児用の白黒絵本
発達と遊びをセットで考えて子育てするための絵本とポスター


3か月〜  赤ちゃん用の絵本で字の少ないもの
      お話よりも擬音や
      身の回りのものがハッキリ描かれているもの
      (福音館の0・1・2歳向け、ほか1〜2歳向け)

8か月〜  自分の日常生活に関連するもの
      (ごはん、着換え、ねんね、お風呂など)
      (福音館の0・1・2歳向け、2歳前後向け)

1歳〜   「お話絵本」も読むように
      (2〜4歳、3歳〜と書かれているものも追加)
と言う感じでした。



こういうのって、その子によって違うでしょうから、
本のレビューなどでよさそうだなーと思うもの
図書館で見てよさそうだなーと思ったものなどを
とりあえず購入してみています。

まずレビューで見て、気になった本を図書館で探して借りてきて
息子の反応を見てから買うことが多いです。

でも、先の通り、
「時期」によっても息子の反応って違うんですよ。

離乳食や着替えの絵本は、8か月ころまでは
読もうとしてもプイっと(笑)
ところが、ある時期を境に突然、ある日、大ブレイク。

ということが多々あるので、
とりあえず気になる絵本は買っておくというのもアリだなと思ってます。


まあ、とにかく、子ども本人が見ない絵本は
その時無理に見せる必要はないと思います。
無理に見せようとすると絵本キライになっちゃいますしね。
本人がしたいようにさせればいいんじゃないでしょうかね。

息子の場合は、本をあまり見なかったハイハイデビュー期にも
絵本をポイポイ出す遊びだけはしてました(笑)




わたしが便利だな〜と思うのは
福音館の0・1・2シリーズ

今まで紹介した
ぶーぶーじどうしゃ (0.1.2.えほん)
どうぶつのおかあさん (福音館の幼児絵本)
もそうです。

このシリーズは、福音館の「月刊配本」の絵本の中から
さらに評判の良かったものを再度、雑誌でなく「絵本」として出版しているもので、ウチにもかなりたくさんあります。
全般的にとっても良いと思います。
さがすのがめんどうな方は、このシリーズを買ったり
月刊絵本(雑誌形式)の配本を受けても良いのではと思います。



それから、童話館の配本(ぶっくくらぶ)

童話館ってマイナーな出版社なのかもしれませんが
ウチは、この童話館の絵本配本を妊娠中に始め、それが息子の最初の絵本になりました。
アマゾンとかのレビュー数は少なく、なかなか見つけられないような絵本も配本してくれます。
こどもの評判をもとに配本時期や配本する絵本を決めているので、どれも息子のツボに的確にヒットしています。
(まあ、ヒットの時期はずれるものもありますが、確実にヒットしています)

あまりたくさんお金をかけられない、というかたは
この童話館さんの配本(ぶっくくらぶ。月2冊、ひと月2〜2500円程度)がおすすめです^^
何の得もないけど紹介しちゃおう〜とっても良いですよ。

 
 

posted by ハッピー子育て♪ママ at 08:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 我が家の育児法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月11日

絵本の本棚はオープン棚

ウチは絵本の読み聞かせをしています。
というか、絵本がメインの「おもちゃ」のひとつです。

1歳になった現在、絵本は65冊くらいになりました。

主人は「増えた!多い!また買うの?」と言ってますが
わたしはどんどん欲しいです、もっと欲しいです。
息子も大大大好きだし!

この絵本、うちでは今までこんなふうに片付けていたんですが・・・

こどもちゃれんじbaby

左の縦長のオープン棚絵本の本棚ですね。
この下から3段が現在絵本&絵カードの棚になっています。
が、もういっぱいで・・・

本がキツキツなので
息子が、本を出そうと思っても抜けず
「出せないよ!」とお怒りに><

なので新しい棚が欲しいのです。

主人いわく 「扉つきカギ付きもありじゃん?」 
私 「だめ! ぜったいオープン!!
   だってムスコが出したい時に出せないじゃん!!」

というわけでオープンの本棚で何かいいのないかな〜
何て言ってるうちにフツーの3段カラーボックスを
とりあえず増やすそうな気もしますが^^;

絵本の本棚は、オープン棚に限ります。

子供が自分で好きな本を選べて、めくれて、
読んで欲しい時には自分で選んだ絵本を持ってくるからいいのです。

小さいうちはお片付けもできないし
散らかしちゃうからカギ付き、フタつきの
本棚や箱に絵本やおもちゃしまいましょう、
なんていう本棚やおもちゃ箱も売っていますが
わたし的にはあれはナンセンスです。

確かに、0歳児にお片付けはできませんが
自分で選べます。

やりたいときにやりたいことを
自分で選んで出来ることが
どこが悪いのでしょうか??

「散らかしたら大変」なんて親の都合で
子供を遊ばせない、なにも選ばせないなんて
そっちのほうがよくないと思うのです。


だから、オープン棚にオープンBOXです。


おもちゃもほら、TVの下に箱が2つあるでしょ?
この中です。
好きなものを引っ張り出して遊びます。

まあ、確かに絵本もおもちゃも巻き散らかして
えらいこっちゃ!!になりますが
一緒にお片付け、を続けて
お片付けも身につくようにしていこうと思っています。

まあ、今はまだ10出して1入れる、くらいですが^^;
気長にね・・・


と言うわけで
絵本の本棚は、大人が大変でもオープン棚
がおすすめです。

0歳でも、ちゃんと見たい絵本を自分で選べます。



今日も息子は
私   「おむつ替えてから遊ぼうね〜」
ムスコ 【”おつむ”?と頭をてんてん】

私   「ああ〜”おつむ”? (わたしも頭を叩く)
     似てるねえ〜似てるけど ”おむつ”替えようよ」
     (おむつをヒラヒラして見せる)
      (”おむつ”も分かっていて、
       替えて欲しい時はオムツをパンパンするのですが)

ムスコ 【”おつむ”!! とまた頭を叩き
     おもむろに本棚に向かい、
     「おつむてんてん (あかちゃんとおかあさんの絵本 1)」を出してとせがむ】

私   「はいはい、「”おつむ”てんてん」ね、わかったわかった
     読んだら ”おむつ”替えようね〜」
     (とりあえず1回読む)

・・・

という具合です。


こういう機会を奪ってしまうなんて、もったいないでしょ?

ウチは本当にオープン棚にしておいてよかったと思ってますよ^^
ぜひぜひ、絵本の本棚オープン棚にしてくださいね^^
 
 
 


posted by ハッピー子育て♪ママ at 12:28 | Comment(3) | TrackBack(0) | 我が家の育児法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。