楽しい子育て真っ最中!ママのゆったり知育論&子育て日記

「幼児教育」なんていらないけど
「広い意味での頭の良さ」「人間力」はつけてあげたい。 そんな我が家の
すぐマネできる ”のんびり知育論 = 子育て日記”デス。(*^ー^)ノ

 【我が家の基本路線】 *シアーズ博士夫妻のベビーブック & *「語りかけ」育児

2008年06月26日

「読む力」が大事なわけ

本棚から絵本を取るの

うちでは絵本の読み聞かせをしています。

「読み聞かせ」と言うよりも・・・
絵本で遊んでいる感じですが(笑)


昨日、「聞く力」についてお話したのですが
今日は「読む力」について。




「絵本」は、絵が描いてあって、言葉が書いてあり
「親(養育者)が」 「読んであげるもの」 です。

当然、ここでも 「聞く力」 も養うことになります。
子どもは絵を見ながら、親の声を聞いているわけですから。

「聞く」と、昨日書いた利点の他にも
「集中力」が養われる、という利点があります。

絵本を読んでくれているその声と、絵本の絵に子どもは集中します。
読み終わると泣いちゃうくらい楽しいらしいです。
何度も何度も読みます。



さらに、絵本では
「想像力」 が養われます。


最近多発する身勝手な犯罪はすべて
「想像力」が足りないから起こることだと言われています。

相手の気持ちを「想像」することができないから
そうしたらどうなるのか「想像」することができないから起きる。
私はこの説に大いに納得しています。



それと絵本がどうつながるのか?といいますと


絵本に限りませんが、「本を読む」ということは
想像力がないとできないのです。




本に書かれているのはあくまでも文字の羅列です。
その文字の羅列を目で追うだけでは、何も頭には入りません。
「文字が読めても、本が読めていることにはならない」のです。

「本が読める」ということは
「本に書いてあることが理解できる」ということ
です。
つまり・・・

本に書いてある文字の羅列を目で追ったときに
文字で書かれている情報を映像に変換して
頭の中で映画上映できる能力

がないといけません。
これが 「想像力」




子どもが何かを学ぶとき
それは子ども自身が何かを「体験」し
そこから学びとる、というのが基本だと思います。

なので、たくさんたくさん遊ばせる
子どもが「やりたい」と興味を持ったことは何でもさせる
危険だけは、避けるように親が見る。

という路線で育児をしています。


遊びによる体験から、子供はいろいろなことを学びます。
学びはあくまでも「遊び」の中にある。
そうすれば、子供は「知ることは楽しいこと」と考えるようになるでしょう。


「知りたい」
これは、人間としてやはり基本の願望であり
この願望を持ってこそ、その先の「お勉強」につながると思っています。


「お勉強」が目的ではなく
「知りたい」という目的をかなえるための手段として
「お勉強」と呼ばれる「本を読む」「授業を聞く」という過程があるわけです。





ここまで書くともう分かるのではと思います。



はい、
「知りたい!」とウキウキしながら思った子どもは
自分で 「本を読み」「授業を聞き」 ます。
自己の欲求をかなえるために自分からやります。


このとき、当然ですが

「本が読めること」 と 「人の話が聞けること」 が大前提
です。


子ども本人が「学びたい」と思ったその時に
読む力」 と 「聞く力」 がないと
本人がしたいことができなくてむずかゆい思いをしてしまいます。

だから、読む力」 と 「聞く力」 を
つけてあげたいな、と思っているんです。



なので、「お勉強」はさせたくなかったんですよ。
話しかけることと、絵本を読んであげることって
もっとずうっと「自然なこと」に思えたんです。

だから、たくさん抱っこして、たくさん話して
たくさん遊んで、たくさん絵本を読む
そういう毎日を過ごしています^^*


息子はまだ1歳になったばかりですが

おっぱい大大好き!!だし
まだ歩きませんが

知能面での発達はかなりよさそうです。
まあ、周りと比べなくてもいいんですけど。

 
 
 
 

posted by ハッピー子育て♪ママ at 09:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 知育の豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月25日

子どもの「聞く力」が大事なわけ

昨日、大事なことを書き忘れました。

0~4歳 わが子の発達に合わせた1日30分間「語りかけ」育児


子どもに語りかけをすることが「どう」良いのか?

ってところ。
コレ書かなきゃダメじゃないの。
私抜けてます^^;(いつもだけど)


ズバリ
子供に「聞く力」 がつく
ところです。


は??

って思うかもしれませんが・・・



「聞く」 っていうのは、
人間として、人間らしく生きるためにまず必要な能力
なわけです。




人の話を聞けなければ、そもそも人と話すことができません。
人の話を聞けなければ、言葉を話せるようになりません。
人の話を聞けなければ、「言うことを聞く良い子」になりようがありません。
人の話を聞けなければ、もちろん授業も聞けません。
人の話を聞けなければ、知識も身に付かないんです。



逆に、
「人の話を聞く」ことができると

言葉をよく覚えます。
語彙が増えるので、自分の感情を的確に相手に伝える能力が発達します。
つまり、人とのコミュニケーションが上手になります。


語彙が増え、脳が活発に動くので頭もよくなります。
人の話が聞けるので、言うことも聞きます。
人の話が聞けるので、授業も良く聞きます。
つまり、お勉強もできるようになります。


頭もよくて優しい良い子 になります。



親であればみなさんそういう子にしたいと思うのでは?




私がいろいろ調べて疑問だったのは、
行きすぎの幼児教育・早期教育です。

もっと自然に、お勉強をさせるのではなく、
「いい脳みそ」 にしてあげることはできないだろうか?

と思っていろいろ調べていて、この本にたどりつきました。



家族が、しっかり
「子どものためだけの時間」を作って
子どもと真っすぐ向き合って真剣に遊び、話す。


それだけで良いのだと分かった時私はとてもほっとしました。


ああ、よかった。
まともなやり方があった。

そう思ったのです。




プラス、私が取り入れているのが
「読む力」 です。

こちらが絵本というわけです。

「絵本と読む力」 についてはまた明日書こうかな〜
 
 
 
 

posted by ハッピー子育て♪ママ at 08:52 | Comment(4) | TrackBack(0) | 知育の豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月27日

絵本はラクラク知育の神器!

知育なんてアドレスにしているのに
ちっとも知育ネタを書いていないので
きょうはちょっと知育らしいお話。

絵本大好き

知育って言っても何してんの?
って思ってるでしょうか。

ハイ、うち、なーんにも「お勉強」はしてません。
させるのもおかしいと思ったし。

で、おもちゃの一環、
こどもと過ごす時間の一環として
絵本
これはたくさん集めてます。


絵本なんてまだ早い


って思ってます?


いえいえ、これがね、
ちゃんと見るんです。


0か月の時には、それなりの、新生児用のものを見せてましたが
少なくとも3か月には、ほかの、
いわゆる普通の絵本
ちゃあんと見て喜ぶようになりました。

5か月くらいから、読んで欲しい絵本の表紙をたたくようになりました。

読み終わっても、もっと読んで欲しい時は
裏表紙から表紙にひっくり返して、
さらに表紙をたたいて催促します。


最近は、手が器用になって力もついたからか、

読んで欲しい絵本をちゃんと持って
ハイハイして膝まで持ってきます。



読み終わってもまた読んで欲しいと、
片手で持ち上げてわたしの目の前に持って来てアピールします。



で、この「読んで!」の催促、
ここのところ、

同じ絵本を10回くらい
連続で読まされます^^;



はっきりいって、こっちが疲れます^^;



その日によって
今日はコレがいい
というのがあるらしく、

日替わりで違う絵本を持ってきます。



もちろん、お気に入りの絵本は何冊かあって、
それらの絵本は
1日1回は必ず持ってきます。



そんな感じで、1日20回くらい読みます。
子どもにとってはとっても楽しい時間みたいよ。


0歳だからって早すぎなんてこと、全然ないよ〜
あなたもぜひどうぞ!!

あ、うちの息子にウケのよい 赤ちゃんにおすすめの絵本 も
あげていかないといけませんね〜

なかなか、赤ちゃんに良い絵本 って
調べても載ってないんですよね〜

ちょこちょこ紹介していきますね!
◆人気の育児日記も見てみる? → blogranking1.gif
 
 

posted by ハッピー子育て♪ママ at 10:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 知育の豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月15日

家庭保育園事件。

妊娠中からいろんな情報を調べた私。
もちろん、有名な七田式とか
家庭保育園についても調べました。

資料は勿論もらいましたし
家庭保育園をやっている人の家に行って見せてもらったりもしました。

教材は、良いもののように思いましたが
私の感想は、「ちょっと多すぎる・・・」でした。




胎教・第1〜第6教室まで分かれていて
メインは第2なのね。

でも、私としてはどーーしてもすんなり受け入れられないものが含まれていたの。

論語とか。
ドッツカードで数式教え込むとか。
名画に関しては、いろんな画集既に持ってるからいらないなあとか。



私が教材見せてもらった人は、これは使ってなかった。
やっぱり挫折したらしい。

でも、
「子供が絵本は好きになってくれたし
パズル遊びやホワイトボードは気に入ってる」 とのこと。
「フラッシュカードのおかげか記憶力がいい」という人も。

なるほど、確かにおもちゃ類はいいなあ、と思った。
でも、ほしくないものも多い・・・

教え込むことはあまりしたくない・・・
子どものIQにも固執したくないし
はかってしまうと親が数字に縛られそうだからはかりたくもない。

そして、高額すぎる・・・
第2教室に関しては迷うなあ・・・・というのが正直な感想。




第1教室が絵本なんですが
私、「絵本」は必ずほしかったの。

自分で、わけも分からず選ぶよりは、
「教材」としてセレクトされているものは、
厳選されているわけだから良い絵本だろうと思ったし。



胎教というか、妊娠中からのこころがけも興味があったので
とりあえず、電話をしてみたのね。

「とりあえず、胎教と第1で始めることは出来ますか?
第2はもうちょっと、考えたいんですが」 って。




そしたら・・・・・・




「第2を取らないと、ほかの教室は受けられません」

って言うのね。

やってる人に聞いた話ではそんなことは言ってなかったので
それを言ったら

「最近まではできたのですが、現在はできません」
だって。
そりゃ残念だなあとこのときは素直に思った。


で、第2教室を勧めてくるので

「とても高額だし、私としては、
 使うことにまだ疑問があるものやあまり欲しくないものも多いので
 ちょっと考えたいんですが」

って言ったのね。
そしたらよ!!



(フンと鼻で笑って)
「それは、お母さまがご自分でそう思うのですか!?(プププと笑う)
 これは全て揃っていないと意味がないんですよ、
 知育はバランスですから!
 お母様がご自分で選ぶなんて(プププププ)
 私どもの教材は・・・(素晴らしさを熱弁・3分はしゃべる)」


私 「・・・・・・・・・・・・・・・・・(呆然)」


「で、どうします?
 第一教室だけで入会しますか?」

私「は?」 (さっきダメって言ったじゃん)

「とりあえず絵本だけでも構いませんよ。
 第2教室についてはじっくりと考えて頂いて・・・」

私「・・・・・・・・・・・
  また考えて改めてお電話します」

ガチャン
と電話を切り、しばし呆然。


・・・・・・・

・・・・・・・


・・・・・・・・・・・・・



なに今の!??



あまりのことに思考回路が停止してしまってました。
ええもう、あまりにショックというか衝撃すぎて。



私は自分なりにいろいろ0歳・乳児の発達や教育について調べたつもりだった。
もちろん、「プロ」からしたらそんな知識は蚊のなく程度かもしれないし
自分の商品には自信もあるんだろうと思うわよ。


でも、私は思い切りバカにされたし卑下されたわけよね。
「シロウトは黙って言うこと聞いて全部買えばいいのよ」
って言われたわけよね。




・・・正直、ショックでした。
商品は良いものだと思って、入会しようと思って電話をかけただけに
このような考え方の人がやっている、
ということがショックでした。


いくら商品がよくても、信頼できない。
こういう人から買いたくない。


それに、「知育はバランス」って言うなら
ドッツで数式に偏るのは、心の教育上良くないと思うけど
ドッツを抜くのはそんなに悪いのか?
ちょっとおかしくないか??



結局、家庭保育園はやめました。
わたし的には、やめてよかったです。
納得できないものを何十万もお金出して買いたくない。



もちろん、中身は良いものだと思いますし
たまたま、私が良くない人に当たっただけなのかもしれませんし
家庭保育園が良くないとか悪いとかいうつもりはありませんし
そう思っているわけでもないですが

ただ、私は、信頼できなくなってしまったんです。

親である私を尊重も信頼もしない人に
子どもの教育を偉そうに云々言われたくなかったの。
それだけ。
わたしのカンにさわっただけ。



で、
絵本は、ほかにも配布してくれるところがあったので
そちらで頼みました。

知育玩具類は、自分でひとつずつ、良いと思うものを
買い揃えています。

使い方・遊び方に関しては、ほかのテキストを買いました。


アイテムとしては結局、
家庭保育園で買おうと思っていたものと
同じかもしれませんが

「自分が見極めて選んでいる」 という充実感があります。

もちろん、それが子供のためにならなければ意味がない
ただの自己満足ではいけないんだけどね。



でも、子どもを育てるのは親である私なので
私がまず納得しなければ、
それを使って子どもと楽しく遊べないと
そう思ったのです。
posted by ハッピー子育て♪ママ at 12:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 知育の豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月13日

育児で最も重要なことって?

育児で最も大事なことは何?

私はこれをそりゃもういろいろ、
妊娠期間中10カ月かけて調べまくりました。

で、今私が育児で何をしているかというと・・・
そんなに変わったことはしてません(笑)



本屋さんでいろんな本をチェックし
「これはどうだ?」という本を買って読み漁り
ネットサーフィンして子供に良さそうな情報をチェックしまくり
そして出た結論は・・・


ただ、毎日楽しく子供と遊ぶこと♪
子どもとしっかり触れ合うこと



でした。



といっても、コツはあります。
そのコツを、ひとつずつ紹介していきますね^^*
わたし的には、私自身も気楽に無理なく出来て
とっても良いと思っているコツです。



基本中の基本は

「生まれたばかりの赤ちゃんでも、同じ一人の人間だ」

ということかしら。



結局、いろいろな情報を見た結果、
「これが良い」というものはみんな、
基本の考え方はここにあると私は思ったわ。

いろいろ難しく書かれた本もあったけど、
「なーんだ、結局そういうことね。」
ってどれも戻ってきちゃったの。



私がお金と時間をかけて調べた中から
今も私がバイブルとして時々開いて読んで確認している本
最終的に使っているおもちゃなども
これからひとつずつ紹介していきますので
どうぞお役に立ててくださいね〜

タグ:育児
posted by ハッピー子育て♪ママ at 08:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 知育の豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。